カードローン審査にうそで通ったら?

「嘘の申告をしてカードローンのプロミス審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。
事実だけ言えば、それは有印私文書偽造といって、立派に刑事処罰の対象になります。
ローン会社がそれに気づいても実害発生前なので、通報することはなさそうですが、被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。
どのみち、素人の嘘がプロに通用すること自体が無茶もいいところです。
通るはずの審査なのに落とされるかもしれないですよ?それで運良く(?)プロミス審査に通ったりしたらなお大変です。
返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。
デメリットがあるのです。
トクか損か考えるまでもないですね。
当然のことですが、キャッシングのプロミス審査では勤務形態が重視されます。
しかし、会社員の人と比べると、自営業者ではキャッシングのプロミス審査で落ちてしまうことも珍しくありません。
定期的に安定した収入が望めない自営業では返済計画が立てにくいというのが、プロミス審査落ちの理由になります。
もちろん、全てのキャッシングサービスの審査がそうと決まっているわけではなく、中にはプロミス審査に合格することもありますが、会社員と比べると、貸付金は少なくなることを覚えておきましょう。
なお、携帯電話しか持っていない自営業者の場合、審査に合格する可能性は低いと思っておいてください。
生活環境の大きな変化には必ずお金が必要になります。
引っ越しもそのひとつで、住まいを移り変わることは意外なほどお金がかかるものです。
引っ越しの計画が数か月も前から分かっていた場合はご自分で家財道具の整理をしたり、貯金を貯めたりと心構えができているものでしょう。
しかし、そんな時間的、金銭的余裕のある引っ越しばかりだとは限りません。
突然の引っ越しのせいで、お金が足りなくなって青ざめたという人も少なくありません。
このような事態に備えて、キャッシングの利用をおススメします。
申込から融資まで1日もかからないところも増えていますし、金利もそれほど高くありません。
ですから、賢くキャッシングサービスを使えば、こんなに心強いサービスはありません。
キャッシングとプロミスなどのカードローンは同じようなものですが、少しだけ異なります。
どのような違いかというと違うのは返済方法です。
キャッシングの場合はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を買ってから、翌月一括返済ということになりますが、カードローンの方は、返済する方法が分割になりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。