フリーターでもお金を借りたいと思ったので調べてみた

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのアコムのカードローンです。

消費者金融のアコムのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融アコムのアコムのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融のアコムのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のアコムのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されアコムのカードローンやアコムのキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

消費者金融のアコムのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、アコムのカードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

アコムのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でアコムのキャッシングのサービスも提供しています。

参考:アコムはフリーターでも借りれる?【アルバイトが審査に通るには?】

一方、消費者金融とは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うアコムのキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融アコム業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。