チョコレートの食べすぎでニキビができた私

少し前の話になりますが、実は私は成人したばかりの頃に激しい痒みで耐えられず背中を見てみると、

全てを覆いつくすように沢山のおできが出来ていたのです。

直ちに、皮膚科で診察を受けることにしました。

いくつか検査してもらい分ったことは、ドクター曰く「検査してみたところ、このおできはニキビです。

ここまで酷くなった原因として考えられるのは食事の偏りです。

いつも好きな物だけを食べたり、油物が多いのでは?」と言い当てられてしまいびっくりしました。

チョコレートの食べすぎがこの大きな原因になっていました。

毛穴に必要以上の角栓が溜まってしまうと、目立つ部分にニキビが発生してしまう元になります。

どうしても気になると、角栓を指で潰してしまい詰まった白い固まりを取り出そうと必死になるのですが、最悪の場合、傷跡のように残る可能性があります。

重要なのはニキビとして出来る前に予防していく事、現状よりも大きくなったり炎症を起こさないように、洗顔してからしっかり保湿をしてあげると良いですね。

毛穴の余分な皮脂が溜まらないようにする事が、ビーグレンでニキビを予防する為にはとても大切なのです。

近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスが乱れていることが関係しています。

この女性ホルモンのバランスは、ストレスに弱いためすぐに乱れてしまうと公言されています。

また、中でも生理前は女性ホルモンが激しく乱れます。

生理前のニキビ発生に悩まされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。

にきびを潰して治すというのはいかがなものでしょうか。

ご存知ない方もいらっしゃると思いますが潰しても良いニキビと、そうでないものがあるのを知っているでしょうか。

指などで潰してしまっても良いニキビとは、炎症を起こしていたニキビがある程度おさまり、うっすらと白い膿が見えるようなニキビです。

ここまで来れば炎症もだいぶおさまっていて、肌が膿を中から外へ出そうとしている状況ですので、きちんと消毒してあるニキビ専用の針や器具を使えば、どうしても気になってしまう方は潰しても良いでしょう。

前から凸凹のニキビ跡というのは、大きな悩みの一つとなっており激しくくぼんだクレーターのような肌になったり、目立つ黒ずみが肌全体に出来る方もいます。

このやっかいなクレーターを治すためには、きちんとした治療をしてくれる専門の皮膚科で、きちんとした診察を受け十分な処方をしていかなければ、以前の綺麗な状態に戻すのはとても難しいのです。

ぼつぼつとした黒ずみがどうしても気になる方には、美白効果のある化粧水をじっくり時間をかけて使う事で、薄くしていくという方法もあるので探してみましょう。

知っている方もおられると思いますがニキビと食べ物には、非常に大事な関わりを持っていることが分りました。

いつも食べているものに気をつけるだけでも、丈夫な体をつくるだけでなく、ニキビ解消にもつながるのです。

出来るだけ肉や魚よりも野菜を沢山摂るようにし、ビタミンやミネラルの豊富な緑黄色野菜を多めに、バランスの摂れた食事になるよう努力しましょう。

また食物繊維が多く含まれるインゲンなどを多く摂ると、体の中から調子を整えてくれるので便秘の解消にもつながり、是非ニキビでお悩みの方にはお勧めの方法です。

顔に出来るものという印象の強いニキビですが、別の部分で一番にきびになりやすいといわれているのが、あまり気にした事のない方も多い背中なのです。

特に背中は自分では気付きにくい場所なので、赤く腫れ上がりぶつぶつしたものが沢山出来ても、ビーグレンのニキビケアも出来ずに酷くしてしまったという場合もあります。

けれども手が届きにくいからという理由でそのままにすると、更にニキビが悪化するだけでなく治りにくくなってしまい、ぼつぼつとした跡が残ってしまう可能性があります。

だからこそ見えない部分に気を配りましょう。

色々な方法を試してみてもすぐにニキビが出来てしまう方は、ニキビが一向に治らないのはもしかすると、今挙げたような様々な理由が考えられます。

あなたに最も合った方法を見つける事が大切です。

ニキビ予防で大切にしないといけないのは、雑菌が住み着かない環境をつくること

ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、気になって触ってつぶしてしまいます。

ニキビの中から膿や種のようなものが飛び出してくるのが大好きなんです。

ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、意地でも芯を出そうとしてしまい、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。

凸凹のニキビ跡を見て、肌に悪い事をしてしまったと反省するのですがまたニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなって再びつぶしてしまうのです。

ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕をしばらく洗っていない、手で直接肌に触る等の行為は、雑菌を塗ってしまっているようなものです。

普段から清潔にできるように気を付けましょう。

ちょっと前の話になるのですが、実は成人になった頃に激しい痒みで耐えられず背中を見てみると、赤くふっくらしたものが沢山発生していました。

いち早く、原因とつきとめる為皮膚科を訪れました。

診察を終えた後に、先生から言われたことは「検査してみたところ、このおできはニキビです。

考えられる原因としては、偏った食事にあるでしょう。

脂肪分の多い食事を摂りすぎていませんか?」と言われその通りだったので何も言えませんでした。

一番の原因は、大好きなチョコにあったようです。

色々な方法を試してみてもすぐにニキビが出来てしまう方は、ニキビが一向に治らないのはもしかすると、早急に何とかしたい方は、病院で相談するなどここ数日、仕事の関係で徹夜帰りが続いていた私はたまたま、鏡の前に立つとニキビが沢山出来ていたのです。

かなり頻繁にニキビが発生してしまう私は、ちょっとでもストレスがかかったり、疲れが溜まるとぶつぶつが出来て膨れ上がってしまいます。

そんな訳で、やるべき事に追われる毎日であっても出来るだけ早く寝る準備を済ませ布団に入り、よく眠れる環境づくりと時間をしっかり取れるように、大切な事は何かを明確して頑張っています。

そんな私の経験から睡眠不足がニキビの原因だと思いました。

ニキビなどは誰しもが素早く解消させたいものです。

ニキビは早く改善するためにも、ニキビには触れないことが肝心です。

雑菌だらけの汚れた手で不用意に触れると、ニキビの悪化に繋がりますし、ずっと触っているとお肌のほうを傷つけてしまいます。

ニキビをできる前に予防したり、できてしまったニキビを正しく治していくには、栄養バランスのとれた食生活を摂取することが大切です。

中でも野菜を中心に摂っていくことは非常に大事なことです。

野菜はビタミンミネラルが豊富ですから、それらを頭に入れて食べていくのが理想の形です。

テレビやCMなどで紹介されている通りにきび予防には、様々な方法があるため迷ってしまう方も多いでしょう。

一番簡単でシンプルな方法として挙げられるのが、手早くさっと試せる洗顔ではないでしょうか。

けれども、水で簡単にぱぱっとゆすぐだけでなく顔回りにできてしまったニキビ専用の洗顔料で洗うことで、より一層予防効果が高まるといわれています。

重要視したい点は、汚れを落とした後の肌のケアにかかっており化粧水をしてから乳液でしっかりと保湿してあげることで、今までとは比べ物にならない位効果が上がるでしょう。